橿森神社 両部鳥居建設工事

【平成24年12月吉日完成】
【工事内容】
● 両部鳥居再建工事
丸柱直径:Φ1尺5寸
柱芯々:13尺2寸

岐阜市の中心の若宮通りを突き当たる山の麓に大きな鳥居が見えます。

柱の足元には、腐食を防ぐため雰囲気よく銅板を巻きました。

 

岐阜市若宮町の橿森神社境内に入る正面の大きな両部鳥居を再建致しました。
弊社も橿森神社の氏子であり、この再建工事に携われたことを本当に嬉しく思います。
橿森神社は、伊奈波神社と金神社の間のこどもの神様として祀られています。
今回再建した両部鳥居は、柱の直径が1尺5寸あり、全て桧材で造られています。仕上げに朱赤の塗装がしてありますが、木(ひのき)でできた鳥居ですので、参拝される際は、木のやわらかな質感と重厚さを感じてみてください。

関連記事一覧

神社・鳥居・神棚などの施工事例はこちら
神輿のレンタル承ります。
唐箕屋本店へのアクセス

最近の記事

PAGE TOP