大野町五之里 八幡神社 社殿改修工事

【平成30年8月吉日完成】
【工事内容】
● 柱芯々2尺2寸八幡造社殿 改修工事
● 柱外法1尺8寸5分板宮造 土台取替修理
● 柱外法1尺5寸板宮造社殿 新築

↑ 腐りやすい、土台廻りと縁束部分の取替修理

↑ 小さい小宮は、新築

↑ まだしっかりしている小宮は、土台だけ取替。

※設置は、ユニッククレーンにて安全第一で

 

岐阜県揖斐郡大野町五之里の八幡神社にて、御本殿及び脇社殿の改修工事を施工させて頂きました。
御本殿は、柱芯々2尺2寸の八幡造社殿で、過去の棟札の記録から唐箕屋本店の先代が手掛けた社殿でした。その社殿が長い年月により風雨にさらされて、腐食した箇所を改修させて頂きました。
神社の社殿は、改修工事を重ねて何十年もお祀りして頂けるようになっています。土台が腐ってしまったり、柱の根元が腐食してしまったようなときは、なるべく早めに専門家に見てもらい、修理をすることをお勧め致します。修理をしないで放置していれば、当然いつかは建て替えが必要になります。
簡単に買い替える(新築で建て替える)のではなく、少しの修理で長持ちをさせるようにして、神社を次の世代に継承していってほしいと願います。

関連記事一覧

神社・鳥居・神棚などの施工事例はこちら
神輿のレンタル承ります。
唐箕屋本店へのアクセス

最近の記事

PAGE TOP