HOME > 施工情報 > 神輿(みこし) > 加納天満宮 神加勢 御神輿【金華山】

施工情報

加納天満宮 神加勢 御神輿【金華山】

【平成24年10月吉日完成】

【工事内容】

●本神輿 大修復工事

IMG_3590.JPG

 

加納天満宮 神加勢 御神輿 【金華山】

[神輿寸法及び仕様]

台輪寸法 : 1,300㎜×1,300㎜

屋根寸法 : 1,800㎜×1,800㎜

総高寸法 : 鳳凰まで 2,500㎜

木地材質 : 木曽桧材 ・ 桧材

屋根仕上 : 黒漆塗り仕上げ・金箔押し

 

IMG_3632.JPG

   

 ↑ 完成 除幕式後のお披露目

 

IMG_3567.JPG

IMG_3547.JPG

IMG_3548.JPG

IMG_3549.JPG

 

正面と背面は、扉(板戸)が施工してあり、御神鏡が掲げてあります。

妻側は、欅の一枚板で唐獅子牡丹の彫刻が施してあります。

 

IMG_3637.JPG

第10回の天神祭が行われ、神輿の出発です。大変、盛り上がりました。

 

この度は、大修復工事でしたが、下記に修復前の元となる古い御神輿をご紹介します。

huwamotomikosi.JPG

 

上記の写真が、元々の御神輿です。古い部材等の使用率は、約1~2割程度です。

ほとんど新品同様に取り替えました。

 

 加納天満宮の氏子である方々が集まって、祭りを盛り上げるために、御神輿を担ぐ『神加勢(かみかぜ)』という団体があり、この度、御神輿を大修復し、第10回天神祭でお披露目をして立派に完成することが出来ました。

 日本ガード株式会社の名誉会長である不破様の御寄進により、見事に神輿が生まれ変わりました。

 当初、不破様から岐阜で一番立派な神輿に修復してほしいというご依頼を賜り、弊社としても大変有難いお言葉を頂戴いたしましたので、出来る限りの技術と気持ちを注いで、この神輿の修復に取り掛かりました。

 本当に立派に生まれ変わることができ、大変うれしく思います。また、今後、何十年とこの御神輿が岐阜の町を盛り上げて頂き、日本の伝統である『祭』を末永く継承して頂くことを願っております。

 この度の工事で御尽力を頂いた方々やお世話になりました方には、厚くお礼申し上げます。有難うございました。


 
ページトップへ