山県市東深瀬 白山神社 御本殿屋根葺き替え工事

【平成23年10月吉日完成】
【工事内容】
● 御本殿柱芯々3尺6寸唐破風造り屋根銅板葺き替え工事

施工前の桧皮葺きの状態

施工後の銅板葺きの状態 ↓

鬼板は、堅木に彫刻した後、板金職人によって打ち出して頂きました。↑

こんな風に足場を架けました。↑

↑ 銅板葺きをして、足場をばらして完成です。

御本殿が柱芯々三尺六寸の唐破風造りの社殿で、斗組から彫刻類においては、非常に豪華で立派な造りでした。その屋根が桧皮葺きで施工されていたのを、銅板葺きに葺き替える工事を請け負いました。
現地は、山の中腹にあり、階段を50段ほど登らなければなりませんでしたので、下の拝殿部分から上の社殿まで鋼管足場を架けて作業致しました。
唐破風造りは、とても職人にとってやりがいのある仕事です。大変な工事でしたが、楽しく作業し、また、立派に修復できました。

関連記事一覧

神社・鳥居・神棚などの施工事例はこちら
神輿のレンタル承ります。
唐箕屋本店へのアクセス

最近の記事

PAGE TOP