マイ柄杓

宮師がつくる「マイ柄杓」を使う新しい参拝スタイル

神社参拝における手水の文化を守り、「マイ柄杓(HISHAKUん)」を通じて新しい参拝スタイルへとつなげていきたい。

「手水」という日本の伝統文化を守り続けたい。

コロナ禍において、神社への参拝が減少しています。
特に、参拝前に手口を清める手水舎では、本来あるべき水を貯めないで「消毒液」が置いてあったり、柄杓が撤去されて使えなくなっているケースも多くみられます。

手水とは禊(みそぎ)を簡略化した儀式で、身も心も清めて邪気を払い清々しい気持ちでお参りをするという意味があります。それだけに、手水を禁じることは神社にとっても断腸の思いでしょう。

こうした現状を憂慮し、この日本独特の文化を守り続けるために私たちにできることはないかと考えた末、今回のプロジェクトを立ち上げることを決断しました。

また、withコロナへの対策がきっかけとなったプロジェクトですが、この「マイ柄杓 HISHAKUん」を通じて、若い世代の人たちや外国人の方々に手水、参拝の文化を知っていただくことができたら、長きに亘って神社仏閣の仕事に携わってきた私たちにとって大きな喜びとなります。

お気に入りの「マイ柄杓」を持参するという新たな参拝スタイルが根付くまでには時間がかかるかも知れませんが、全国の神社の手水舎で各々のマイ柄杓で身を清める人の姿が見られるようになることを願っています。

コレを持ってお参りに行きたくなる!持ち運びやすい、高品質のマイ柄杓

柄杓にもいろいろ種類がありますが、一般的な神社用の柄杓は直径が約10cm前後で全長が40〜50cmと長く、持ち運びには不向きです。
「マイ柄杓 HISHAKUん」は直径が約7cmで全長約21cmコンパクトにまとめました。
全長:約21cm 約Φ7.6cm × 約高さ5cm(一般的な柄杓の半分以下)
重量:約50g

Made in Japanが実現する高品質

素材はヒノキの銘木「東濃桧」の削り出し加工

全国屈指のヒノキの生産地である岐阜県東濃地方を中心に産出されるヒノキの銘木「東濃桧(とうのうひのき)」を使用しています。

水を汲み上げる部分は一般的に薄板を曲げわっぱにして製作されていますが、この柄杓は1本の木を削り出して作られています。素材も技も宮師こだわりのクオリティです。

長く大切に愛用するための表面仕上げ

表面は含浸系ポリマー塗装仕上げ(※木製の食器や酒器に使用される塗装です)
表面仕上げに使用したポリマー塗料については、岐阜県生活技術研究所様・財団法人岐阜県公衆衛生検査センター様での試験により下記の効果が実証されています。

・防水
・日焼け防止
・防カビ
・防臭
・割れ防止
・強度アップ

長く大切に愛用して頂くために素材・品質にこだわった「日本製」です。

イチイの木珠付き根付ストラップ

付属のストラップにもこだわっています。

根付部分の直径Φ2.5cmの木珠は、岐阜県の県木にもなっているイチイの木紐は、水にぬれても色落ちしにくい素材を使用しています。

※イチイの木は、笏(しゃく)にも使用される木材です。名前の由来は仁徳天皇がこの木で笏(しゃく)を作らせ、その見事な出来栄えに感激したことから、当時の最高位の官位を表す「正一位」を授けたという逸話からきていると言われています。

このストラップは、写真のようにカバンの持ち手や帯などに簡単に取り付けることができます。「マイ柄杓」自体が軽量・ミニサイズですので、持ち歩いても邪魔になりません。

ストラップは8色よりお選びいただけます。

 

持ち運びに便利な専用巾着袋。
撥水性・透湿性・通気性を持つ大和紡績(株)の「VENTILE®︎(ベンタイル)」生地を使用。

参拝の際、持ち運びに便利な「巾着袋(きんちゃくぶくろ)」も準備しました。

1人で静かに参拝する時はもちろん、
家族で参拝する時も、手に持ったり、カバンに付けたり、軽量・ミニサイズだから全く邪魔になりません。

大和紡績(株)の『ベンタイル®︎』は、綿素材で超高密度に織り上げ、しっかりとした風合いを保ち、撥水性・透湿性・通気性を持つ素材です。

※高密度に織り上げているため耐水性には優れていますが、素材の特性上、完全に水の侵入を防ぐものではありません。予めご了承ください。
※「ベンタイル®︎」は大和紡績(株)の登録商標です。

※紐は、テントを張る時や登山用の道具にも使用される丈夫な「ATWOOD ROPE社製のパラコード」を使用しています。

巾着袋は4色よりお選びいただけます。

1.オフホワイト
2.ベージュ
3.カーキ
4.ネイビー

 

ご購入はこちら

 

PAGE TOP