押入改装工事と特注御霊舎

【平成23年4月吉日完成】
【工事内容】
● 一間の押入改装工事
● 特注御霊舎制作
● 神具調度品一式

↑ 改装前 (よくある一間の押入)

↑ 改装後
間柱を立てて、地袋と押入を施工
神前の間は、壁を桧板にしました。
材料はすべて木曽桧の無垢材です。

↑ 御霊舎の据え付け後
御霊舎の高さ等、丁度良く仕上がりました。

 

今回は、一宮市にて押入の改装工事と特注御霊舎及び神具調度品を一式、納品させて頂きました。
もともと一間が押入だった場所を、半分に仕切り、間柱を立てて片側を押入、もう片側を神前の間として改装を致しました。
また、神前の間には、特注品の木曽桧製の御霊舎をお祀り致しました。特注品ですので、寸法など現場にあったものをお打ち合わせを重ねた上で制作をさせて頂き、納めることが出来ますので、バランスや、使い勝手などに関して、非常に良く仕上がったと思います。
その他、既製品の御霊舎なども多数扱っておりますので、御霊舎をお祀りするにあたってお悩みの方など、お気軽にご相談ください。

関連記事一覧

神社・鳥居・神棚などの施工事例はこちら
神輿のレンタル承ります。
唐箕屋本店へのアクセス

最近の記事

PAGE TOP