加納八幡町 八幡神社 硬質塩化ビニル製稲荷鳥居工事

【平成25年7月吉日完成】
【工事内容】
● 硬質塩化ビニル製 稲荷鳥居 柱径:165㎜

鳥居の柱の裏面には、氏子中・年号の文字を入れました。

 

岐阜市加納八幡町の八幡神社にあるお稲荷さんの鳥居を建替えました。
元々は、桧製の丸太鳥居でしたが、この度氏子の方々のご要望で、硬質塩化ビニル製(塩ビ管)の鳥居に建て替えを致しました。どうしても、桧製の鳥居ですと、早くて5年から10年で腐ってしまいます。桧の材料や施工方法によっては、20年~25年持つ場合も有りますが、維持管理を考えると、硬質塩化ビニル製の鳥居は、耐用年数が良いと思われます。
見た目はどうしてもプラスチック的な風合いになってしまいますが、腐らないという利点もあり、近年増えている傾向です。
木製(桧製)の鳥居は、当然神社らしく風情も有りますが、耐用年数には不安がありますので、硬質塩化ビニル製の鳥居をご希望の方は、ぜひお問い合わせください。

関連記事一覧

神社・鳥居・神棚などの施工事例はこちら
神輿のレンタル承ります。
唐箕屋本店へのアクセス

最近の記事

PAGE TOP